ゆざ日記

2011年10月6日 みなさん!!ご存知ですか?

みなさん!!ご存知ですか?

今から139年前の10月14日、日本で初めて新橋(東京)~横浜までの区間、列車を走らせることに成功しました。それに尽力されたのが、遊佐町升川の出身である佐藤政養先生です。

現在遊佐駅前には、「佐藤政養先生傳」があり、その中には『京都東山に勝海舟題字の「佐藤政養招魂の碑」がある』と記されております。

※詳しくは「維新の道」№142、佐藤政養先生顕彰会事務局の村井氏の記事が掲載されております。

2011年10月5日 鳥海山の初冠雪

鳥海山の初冠雪

昨年より1ヶ月も早く、鳥海山の初冠雪が9月24日に確認されました。

最近なかなか鳥海山が顔を出してくれず、今日やっと(曇っていますが…)見ることができ、肉眼でも雪を被った鳥海山を確認出来ました。

2011年10月1日 東日本大震災義援金

平成23年10月1日(土) 山形新聞記事より

去る7月9日(土)に行われました、『鳥海山高山植物観察山行』へ参加いただきました皆様からの募金を、「山形新聞、山形放送愛の事業団」へ募金させていただきました。

ご参加、ご協力いただきました皆さまへ、スタッフ一同心より厚く感謝申し上げます。

2011年10月1日 知事表彰式

県男女共同参画社会づくり功労者の知事表彰式が9月28日、県庁で行われました。

飽海郡鮭増殖漁業協同組合連合会の参事としてサケ加工品の製造開発部門を組織した佐藤徳江さん(遊佐町)が表彰されました。

 表彰状と記念品を手にした吉村美栄子知事は「一層の活躍を期待する」と述べられました。

 

山形新聞記事

2011年9月27日 秋晴れ!! 遊佐町

秋晴れ!! 遊佐町

涼しい風がススキを揺らし、まん丸の夕日が稲穂を益々黄金に染めています。

遊佐町内の稲刈りも本格的に始まり、刈り取りを終えた田んぼが目立ってきました。

 

この時期の夕日はとてもキレイです。

2011年9月25日 快速『リゾート鳥海』

快速『リゾート鳥海』

7月1日から運行しておりました、『リゾート鳥海』が本日をもって運行期日終了となりました。

最終日という事で「羽後本荘駅」~「遊佐駅」までの約1時間の区間を実際に乗って体感してきました。大きな窓と、高級感(!?)溢れる座席、そしてウチの子が初めて目にする車内販売。

日頃あまり電車に乗る機会がないので、電車の楽しさを思う存分味わいました(笑)

2011年9月22日 稲穂

稲穂

秋と言えば……紅葉狩り、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋 等々。

そして、遊佐は実りの秋を迎え、稲穂が黄金に色づきました。台風や雨の影響で、本格的な稲刈りは来週あたりからと思われます。鳥海山&黄金に色づいた稲穂のコントラストが見られるのもあと僅か!!

2011年9月20日 サケとシャケ

サケとシャケ

皆さんは「サケ」と「シャケ」の違いがわかりますか?

魚のまま(生きていても、死んでいても)だと「サケ」。

手を加えて加工した物が「シャケ」。

と一般的には言われているようですが……。

 写真は昨年度は『鮭のつかみどり大会』の模様です。参加していただいた方は「サケ」をお持ち帰りいただきます。今年の実施は10月23日(日)。どうぞ、皆さんでお越しください。

2011年9月20日 鹿公園

鹿公園

大平山荘の駐車場脇に鹿公園があります。

6月中旬~10月中旬にかけて、神の仕えの鹿が放たれます。鹿の好物のせんべいは、大平山荘で100円で売っています。可愛らしくて人なつこい鹿が、せんべいを食べている顔はとっても癒されますよ。

10月10日(月)には鹿の角を切る『神鹿角切祭』のイベントが行われます。

2011年9月15日 鳥海山の『紅葉』日記Ⅰ

鳥海山の『紅葉』日記Ⅰ

大平山荘からの鳥海山の様子です。

紅葉……にはまだまだ早いですが、十分に美しい鳥海山をご覧頂けます。

全てが紅葉に色づく前の鳥海山の色合いと、青空とのコントラストが絶妙なバランスを醸し出しています。

この時期の鳥海山も是非一度!! ご覧ください。

▲このページのTOPへ