佐藤藤蔵祭 【遊佐四大祭】

 もともと庄内砂丘には、森林がうっそうと茂っていたが、戦国時代の終わり頃、鶴岡の武藤氏と近くの大名と争ったために、庄内は戦場となって森林が焼き払われたり、塩づくりのための燃料として多くの木が切られ、庄内砂丘は木のない砂丘となり荒れ果ててしまった。

 そのために、北風の強い日には砂が飛び、米を運ぶための川や、田畑が埋まってしまい船の運航が出来なくなったり、米や野菜の収穫がない。それに、日向川の河口も埋まり、船の出入りが出来なくなっただけでなく、川の水が流れず洪水を引き起こしたりして、多くの人々は、大きな被害と苦しみの中での生活に追いやられてしまった。

 そこで庄内藩では、砂の害を止め砂丘に木を植えて、多くの人々を苦しみから救ってくれるような人を探していた。そのことを聞いた藤左衛門(藤蔵の父)親子が、このような状態から救うために名乗り出た。

 藤左衛門親子は、延享3年(1746)植林の作業に取りかかった。ヤナギ・ネムノ木・フジ・クロマツ・ツツジ・サンショウなど多くの種類の種や苗木を植え付けてみた。しかし、作業は困難を極めた。ひとたび強風が吹き付けると、苗木はほとんど吹き飛ばされたり、砂に埋もれてしまい、全く何も残ってない有様であった。

 宝暦2年(1752)藤左衛門は植林の半ばで倒れ、息子の藤蔵に植林の夢を託して死去する。藤蔵は父の無念を晴らすべく、一層の情熱を植林へ傾けていった。

 その結果、少しずつ砂丘の海辺に緑が蘇ってきた。「クロマツ」の成長と共に、藤崎村の農民も24戸となり飛び砂も止まり、農民の生活にも平和と豊かさが戻ってきたのである。

 藤左衛門親子の30年に及ぶ戦いであったが、遊佐町菅野の曽根原六蔵もその一人であり、その一族は84年間に452万本の苗木を西浜一帯に植林している。

 寛政9年(1797)藤蔵は85歳の一生を終えたが、上藤崎の松林に囲まれた場所に眠っており、一生を砂丘の植林に捧げたその偉業を讃えて毎年11月10日を藤蔵祭として行われている。

佐藤藤蔵祭 【遊佐四大祭】
佐藤藤蔵祭 【遊佐四大祭】
佐藤藤蔵祭 【遊佐四大祭】
開催日 平成29年11月10日(金)
開催場所 藤崎小学校
開催時間 10:00~
料金 見学無料
内容 西浜砂丘の荒地に黒松の植林に努力、田畑や農家の生活を救った佐藤藤蔵を慕い、感謝の気持ちをささげるための祭。
お問合せ 遊佐町役場企画課まちづくり支援係
電話: 0234-72-4524
FAX: 0234-72-3315
▲このページのTOPへ