輝ける遊佐つくりびと

【石川 寛海(かんかい)】

 十六羅漢岩にこめた願い 世の平安を祈る“修行者”

 

 吹浦漁港より北の岸壁。潮風を受けて、人々の平安を祈る磨崖仏が立ち並んでいます。

 十六羅漢岩。羅漢は阿羅漢の略語で、釈迦の弟子で特に優れた16人を指しています。羅漢岩は羅漢像16体に釈迦牟尼、文殊菩薩などの仏像を含めた22体の総称で、明治元年(1868)に完成しました。像の彫刻を発願したのは、吹浦海禅寺21世住職、石川寛海です。

 寛海は享和元年(1801)、酒田新田町の生まれ。酒田の正徳寺で出家し、峰鷲院4世を経て、吹浦海禅寺の住職となりました。幕末の混乱期で苦難する民衆の姿を目の当たりにした寛海は、福田(福や徳が生じること)、除災、興隆を願い、羅漢岩の造仏と供養を決意します。

 費用捻出のための托鉢は近隣から酒田に及び、元治元年(1864)に着工。石工の手で5年をかけて彫付け作業を完了させました。仏像の完成を見届けた寛海は、明治4年(1871)71歳の時、海に身を投げ入滅をはたしました。

 寛海の願いは羅漢岩の祈りの表情となって、今も人々を見守り続けています。

▲このページのTOPへ