高瀬峡

~ さあ高瀬峡へ ~

 高瀬峡は檜ノ沢・婆々沢・カラ沢にまたがる、滝や淵の密集した地帯です。山道を歩く手頃なハイキングコースとして人気があります。
 藤井地区から林道に入ると、車で約5分、「山の神」の祠のある駐車場に到着します。
 駐車場からすぐに山道になるので、自動車を降りた時から自然を満喫できるハイキングが始まります。沢や林の景色と季節の花を楽しみながら歩きましょう。
 また、「山の神」には、湧水ポイントがあります。ハイキングの始めと終わりに冷たい水で喉を潤しましょう。

 

~ 蔭ノ滝まで ~
 「山の神」の祠のある駐車場を経て、山道をしばらくのぼると、そのほとりに蔦をまとって、渓流に切った「屏風岩」を左に見て渡るのが渡戸の吊り橋です。道を右にそれてゆくと、稲妻の形を描いて落ちる「蔭ノ滝」があります。また、その上流には「上ノ滝」があります。
 蔭ノ滝は、2段になって斜面を滑り落ちる美しい滝です。ここでハイキングを終わっても、高瀬峡の魅力は十分に味わえることでしょう。

 

~ 蔭ノ滝から大滝まで~
蔭ノ滝を過ぎ、もう一つの吊り橋を渡ると、「婆様ヶ淵」「薬師滝」の表示があります。ここから山道を下っていくと、目の前に崖を流れ落ちる滝を見ることができます。「剣龍滝」です。この滝は崖の途中から突然に湧き出しているのだそうです。そのまま沢づたいに進み、終点の「大滝」に到着です。
 行き止まりの断崖の高みから、遠くまで飛沫を散らして、とどろき落ちるこの大滝は、やはり秘境「高瀬峡」の圧巻です。滝つぼから少し離れた大杉の下に祠があります。このあたりが、かつて剱龍神社の修験者が参籠して行をつんだ、安楽坊修験場の跡地です。

 

<高瀬峡行程>  往復約2時間(徒歩)の行程です。
 駐車場 ⇒⇒ 渡戸橋・屏風岩 ⇒⇒ 蔭ノ滝 ⇒⇒  婆々沢橋 ⇒⇒ 大滝

       (5分)       (7分)      (10分)           (25分)


※高瀬峡は山道が続きます。スニーカーやトレッキングシューズなどを履いて、事故や怪我がないように注意してください。

 

= ご注意ください!!

 ◎ 蜂にご注意ください

  黒いシャツ・香水はダメ。もちろん匂いのする整髪料もダメ。蜂に刺されたら、医者に

  行くことをおすすめします。死に至る事もあるので注意してください。刺されたところ

  にオシッコをつけてもダメです。

 ◎熊にご注意ください

  「鈴」などを持って歩きましょう。死んだふりはダメです。

 

 住 所:山形県飽海郡遊佐町白井新田字藤井

 交 通:■JR 羽越本線遊佐駅から車で16分
     ■ 車  山形自動車道酒田みなとICから30分

 地 図:http://yj.pn/UwXxIB

 

▲このページのTOPへ   

 

 ハイキングへ戻る

 

▲このページのTOPへ