吹浦祭

吹浦祭で披露される花笠舞は、豊作と大漁を祈願して奉納されます。花笠の赤い花は「稲の花」、さらさらと風に揺れる白い紙は「稲穂」、手に持ったささらが醸し出す音は「蛙(びっき)」の鳴き声を表しています。花笠舞を舞い終わると舞手は花笠を外し、舞台から観客に向けて投げます。観客は五穀豊穣、家内安全、無病息災のご利益を求め、花を奪い合います。他にも御輿の渡御、大名行列など、地域の人々が主体となって貴重な文化の保護に努めています。

▲このページのTOPへ