ゆざ日記

2012年4月4日 お米作り №1

お米作り №1

遊佐町内のあるお宅の「土つめ作業」の様子です。

土つめ作業とは、苗箱に土をつめる作業です。時期が来たら、その苗箱に種を蒔きます。こういった米作りの工程が、機械を使ってはいるものの手作業で行われています。日々、私たちが口にするお米は、このように作られているということを、ご存知でしたか?お茶碗に一粒も残すことなく食べないともったいないですよ。

2012年4月3日 新たな・・・

入社式がテレビで流れていました。

フレッシュな新入社員が、緊張した面持ちで映し出されていました。

 自分が入社した時の事をふと思い出しました。

改めて・・・

『初心を忘れることなく』『ひたむきに』『前向きに』仕事に取り組んでいこうと思い、気が引き締まりました。

2012年3月30日 旅立ち・・・

旅立ち・・・

「本日付で・・・」と関係者の方が挨拶に来られました。当協会でも、臨時雇用として頑張ってきました『kくん』が本日をもって当協会を退職されます。1年間という短い間でしたが、大変お世話になりました。本当に本当にありがとうございました。更なる飛躍を期待します。

春は旅立ちのイメージがあります。遊佐駅では、何人もの方が家族に手を振り旅立っていきました。

希望に向かって羽ばたいてほしいですね♪

 (写真撮影日:H23.4.27)

2012年3月30日 3/30 山形新聞記事より

 遊佐町議会は29日の臨時会で、東日本大震災の災害廃棄物の処理に遊佐町などが協力すべきだとする決議を全会一致で可決した。

 決議は、町と酒田地区広域行政組合に対して、東日本大震災で発生したがれきなどの災害廃棄物のうち放射線汚染の不安がないものについて受け入れと処理に協力することなどを求めている。

以下省略(3/30 山形新聞記事より)

*ひとりごと*

テレビ番組のコメンテーターが言っていました・・・

「がれき」と報道等で言っていますが「がれき」と言うのはおかしいと思う。そこで暮らしていた人々の財産だっとものを「がれき」と言っていいのだろうか?

「がれき」・・・とっても淋しい言い方で、なんとなく被災地の方々に失礼な言い方になっていないだろうか・・と思ってしまいました。

2012年3月29日 砂浜ぼこぼこ

砂浜ぼこぼこ

釜磯海水浴場の湧水が、3月28日(水)山形新聞に掲載されました。

撮影し投稿された方は、お隣酒田市在住の女性です。どうもありがとうございます。

釜磯海水浴場は、砂浜がぼこぼこと湧き出している神秘的なところです。どうぞご覧になってみてください。

2012年3月28日 新聞紙!?

新聞紙!?

遊佐町在住の方のお手製ブローチ。

なんと!! 新聞紙で出来ています。まるで本物の花のように細かいところまで、1枚1枚丁寧に作られています。 ぽっぽや(ゆざっとプラザ内)にて100円で販売しております。どうぞお手にとって見てみて下さい。  ※売り切れの際は、ご了承ください。

◆洋服に付けるとこんな感じ

   ↓↓↓↓↓↓↓

2012年3月25日 またまた寒さ舞い戻る・・・

またまた寒さ舞い戻る・・・

本日の町内の様子です。ご覧のとおり雪景色・・・。

いったん暖かい陽気を肌身に感じたあとの寒さは、かなりこたえます。

すぐそこまで来ているはずの『春』は、勿体ぶって!?なかなか、近づいてきてくれませんね。

2012年3月24日 春よ来い♪ 早く来い♪

春よ来い♪ 早く来い♪

昨年の5月16日、ゆざ日記で『鳥海山と菜の花畑』と題して紹介した写真です。

先日、この写真をどこで撮影したものですか?と電話でお問い合せをいただきました。写真1枚が、観光に来る方の「遊佐町」にお立ち寄りいただくきっかけのひとつになったかと思うと、大変嬉しく思いました。1枚でも多く、1箇所でも多く「遊佐町」をPRしていけたらと思います。頑張ります(笑)

2012年3月23日 「春」のおとずれ・・・

「春」のおとずれ・・・

高瀬小学校近くでみつけた『ふきのとう』。

遊佐町民の間では『バンケ』と言うかたもいます。庄内地方独特の呼び方のようです。

 毎年毎年『バンケ』をみつけるたびに、なんだか心ウキウキ♪♪♪

春のおとずれが待ち遠しく感じるのでした。

写真提供者:Yさま

2012年3月21日 鮭の放流

3月20日(火)に升川鮭ふ化場で鮭の稚魚の放流式が行われました。

孵化場に集まった近所の小学生が、バケツに入れられた稚魚を小川に放しました。

その後、メヂカの試食会が行われ、放流式に参加した子供たちと関係者でおいしくいただきました。

※メヂカは生まれた川に帰ってくる途中の鮭で、脂がのっていて美味しいため高値で取引されているのだとか。北海道の枝幸沖で獲られたメヂカは遊佐町で放流された鮭だと言われています。

情報提供者:Sさま

▲このページのTOPへ