ホーム > おすすめ観光コース・鳥海山

鳥海山

鳥海山 標高2,236m

東北で2番目に高い山 海抜0m~登れる山は珍しいぞ! 出羽富士2,236m
  • 7月1日の山開きから10月頃まで全国から鳥海山へ登山客が来ています。さすが、日本百名山(昭和39年、深田久弥選)です。
  • 鳥海山が「日本の名峰」第7位に選ばれました。NHKが視聴者の投票で決定した「日本の名峰」で、鳥海山が7位に選ばれました。富士山や穂高岳、剣岳など日本アルプスの山々と並ぶ日本を代表する山になりました。独立峰としては東北で1番の高峰です。
  • 鳥海山は、昔(標高2,237m)でした。誰かが1mの石を持って降りたのか?
    今もこの数字になっている昔のお土産がお家に残っています。その頃「夫婦で見な」と覚えていました。それが、2,236メートルになり、「夫婦で見ろ」に変わりました。
  • 出羽富士と呼ばれています。秋田県横手市の方向から鳥海山を望むと富士山みたいに見えます。庄内地方からだと二つ山に見え、見る方向からいろんな形に見えるので楽しめます。ルート5は、(富士山麓に、オウムなく)と覚えました。富士山麓2236と覚えている人もいます。
    でも、近くの国道は、ルート7(青森~新潟)です。
  • 鳥海山は、山形県と秋田県の県境に位置しています。鳥海山の高いところは、山形県遊佐町になっています。
  • 影鳥海は、早朝東の空に雲が無い時、山頂で見ると日本海側に山頂のシルエットが浮かびます。山小屋に前日泊まってから登って下さい。

山小屋電話番号
■滝の小屋 → 遊佐町企画課 TEL 0234-72-5886
■山頂小屋、御浜小屋、河原宿小屋
 → 鳥海山大物忌神社 TEL 0234-77-2301

種蒔き爺さん
  • 心字雪渓は、山肌に心の文字が雪で浮かびます。(7~8月頃)暖冬などで万年雪が融ける場合もあります。湯の台口から登り、河原宿周辺に夏でも雪があります。
  • 春の種まきシーズン(4月下旬~5月上旬)山肌に雪が溶けて、種を蒔いている爺さんの姿が出てくると、田植えや畑の種まきの時期です。爺さんのとなりに婆さんもいると言われています。
  • 鳥海山の初冠雪は、10月9日頃です。
  • 鳥海山の春スキーは、大平からの登山道登り口4月下旬~5月いっぱいまで楽しめます。それ以降は、滝の小屋近くで皇族用に作られたコースで滑走できます。
鳥海山登山イラスト

ドライブを楽しむなら鳥海ブルーライン

 平成9年から無料開放になりました。全長34.9km。山形県側18.1km。
車で行くと、くねくねしているので酔ってしまいそうですが、その先には絶景が待っている。4月下旬~雪の状態によって11月上旬まで通行できます。その後は通行止めです。
大平山荘前には、鹿公園があります。神の仕えの鹿がたくさんいます。鹿の好物のせんべいは、大平山荘で、100円で売っています。大物忌神社の袋に入って売っています。鹿と一緒に食べるとおいしさ2倍。鹿のえさは、これしかない。
 毎年10月上旬には、「神鹿角切祭」が開催され、抽選でその日に切った鹿の角などが当たります。標高1000mで食べる芋煮も絶品。
大型駐車場の入口には、小説「鳥海山」「月山」の作家で鳥海山を愛した森敦さんの石碑があります。森敦は鳥海山を愛し、遊佐に滞在中は自らの文学史の中でも最も隆盛期にありました。これらの業績を讃える碑が建立されました。碑文「鳥海山はわが理想の幻の山なりき」
 展望台からは、正面に飛島(鳥海国定公園です。)。北には男鹿半島、にかほ市内。南は、粟島、佐渡島(どちらも新潟県)、庄内平野が見えます。ここから見る夕日もビックリするくらい綺麗です。もう一つおすすめが、夜の満点の星空です。夜の車の運転は、カーブが多いのと霧で前方が見えなくなったりしますので、注意して下さい。特に秋の季節がおすすめ。
水芭蕉群生地は、県内では珍しく湧水の流れに沿って咲いている群生地です。4月中旬から5月上旬までが見ごろです。そのため、4月下旬にブルーライン開通式があるので、車の進入ができないと思っている人が多いです。
ここまでは、開通式前でも行けます。


夏の鳥海登山を安全に楽しむために ●基本コースマップ ●主要登山コースと所要時間 ●基本装備などの留意事項 ●登山ガイドのご案内 お出かけの際にぜひご覧ください。なお、ご不明な点は直接お問合せください。 詳しくはこちら
▲このページのTOPへ