1. 鳥海山登山 最新情報

  2. 登山者の皆様へ

  3. 登山コース・山小屋案内

  4. 登山ガイドのお申込み

  5. 鳥海山お得タクシーパック

  6. 鳥海山乗合タクシー

  7. 山岳公衆トイレ

  8. 山麓トレッキング

  9. 熊出没情報

  10. 緊急時の連絡先・防災情報

  11. スノーシューハイク

  12. バックカントリースキー・スノーボード

  1. 鳥海ブルーライン

  2. 中山河川公園

    桜の名所(中山河川公園)

  3. 遊佐のまつり

  4. 湧水(丸池様・牛渡川・胴腹滝)

  5. 十六羅漢岩

  6. 山麓トレッキング(高瀬峡、一ノ滝・二ノ滝)

  7. 西浜コテージ・キャンプ場

  8. 海水浴場

  9. 命をつなぐ 鮭の遡上

  10. 鳥海山大物忌神社

  11. 旧青山本邸

  12. 芭蕉が歩いた道(三崎公園)

  1. 産直

  2. 特産品・おみやげ

  3. 地酒

  1. 遊佐の味

  2. 話題のお店

  3. 割烹・会議・宴会

  1. お宿

  2. 日帰り温泉

  1. 中山河川公園

    2022年開催中止【4月】中山河川公園桜まつり

  2. 【2022年4月28日】鳥海ブルーライン開通・春山開き

  3. 2022年開催中止【毎年5月3日】鳥海山大物忌神社蕨岡口之宮例大祭(大御幣祭)

  4. 【毎年5月4日・5日】鳥海山大物忌神社吹浦口之宮例大祭(花笠舞)

  5. 【毎年5月15日】諏訪部祭(遊佐四大祭)

  6. 2022年開催延期【6月】鳥海ブルーライン登山マラソン大会

  7. 【毎年7月1日】鳥海山夏山開き

  8. 【毎年7月14日】鳥海山御浜出神事(火合わせ)

  9. 【2022年7月15日】海水浴場開き・キャンプ場開設式

  10. 【2022年7月15日~8月15日】十六羅漢岩ライトアップ

  11. 【毎年7月16日】戴邦碑祭(たいほうひさい 遊佐四大祭)

  12. 【2022年7月30日】十六羅漢まつり

  1. 鳥海山お得タクシーパック

  2. ゆざツアー・鳥海山登山ツアー

  3. 宿泊・お食事手数料キャッシュバックプラン

  4. 教育旅行・合宿交通費用助成

  5. 宿泊・チケット手配

  6. 遊佐駅のご利用案内

冬にしか出会えない景色を楽しむ

トレース
快適なブナ林
尾根登りもまた楽し

 人気のスノーシューハイクは、鳥海山も魅力あるフィールド。真っ白な銀世界に自分のトレースを引きながら無雪期とはまったく違う景観を堪能できる一方で、危険は夏場の比ではありません。どこでも歩けるかわりに、自分が今どこにいるのか常に把握する必要があり、雪崩や急斜面での滑落、沢の踏み抜き、天候急変などの危険が常にあります。標高が低くてもひとたび事故が発生すれば、それはすぐに命の危険に直結するということを肝に銘じ、安全最優先で楽しみましょう。

 安全にスノーシューハイクを楽しむためには、しっかりした準備と、まずはベテランとの同行をお勧めします。他人のトレースをあてにすることなく、自分の技術レベルの向上を図りながら徐々に難易度を上げていくことで、より楽しみが増していくでしょう。

 雪さえ積もれば正直どこでも「フィールド」になります。自分のお気に入りの場所をさがしてみてはいかがでしょうか。冬には冬の楽しみ方があります。

当協会主催でスノーハイクを催行予定です。詳細はお気軽にお問合せください。 電話 0234-72-5666
■日時 2023年2月11日(土) 深雪を楽しむ ほでわらミニハイク    ※参加者募集は終了しました

※「ほでわら」とは、遊佐町などの方言で雪が積もって踏み跡などが無い雪原の事を言います。
小学生の頃によくやりましたが、学校帰りに雪が積もった田んぼの中をおもしろがって歩くことを「ほでわらこぎ」と言いました。現代風では、除雪されてない歩道を「ほでわらこいで来た」で意味通じます、遊佐町では。

■日時 2023年3月11日(土) 早春の鳥海山 スノーシューハイク ⇒ こちらの「ゆざツアー」から申込受付中 

 

人気のフィールド

三ノ俣(みつのまた)

 

 遊佐町の農林漁業体験実習館「さんゆう」を起点にしたフィールドです。駐車場は施設利用の方に配慮し、道路南側の駐車場をご利用ください。アクセス道路は月光川ダムまでは積雪状況によっては大変な時もありますが、ダムから先は豪快な消雪道路です。後輪駆動車の方は念のためタイヤチェーンをご持参ください。
 さんゆう前の冬季レクリエーション施設(スキー場)の斜面を登りきると、一面の大雪原が広がりいます。ここは春から秋まで畑になっています。この大雪原をどん詰まりまで行くと、その先は雑木や杉の斜面、そしてブナの森へ続きます。杉林の中の沢筋がちょうどいい傾斜で、スノーボーダーの穴場となっているようです。
 このフィールドは初めての方でも天気が良ければ楽しめますが、やはり無理は禁物。どこまで登るかは、その時の天候と体力・気力しだい。当然ながら、沢筋の踏み抜きや雪崩、道迷いなどに十分な注意が必要です。

二ノ滝(にのたき)

 

 

 1月下旬から2月中旬にかけて二ノ滝の氷柱を見ることができる人気のスポットですが、沢筋でもあるため常に危険と隣り合わせです。「夏に行ったことがあるから」という考えは100%通用しません。遊佐町の湧水のシンボル「胴腹滝」のすぐ先から歩き始め、車道沿いに一ノ滝駐車場へ。ここまではさしたる困難はありません。問題はこの先。一ノ滝駐車場からは急斜面の樹林帯に入りますが、当然夏道はまったくわかりません。例年ここで迷う方が多数います。他人のトレースをあてにした行動は論外です。急斜面のラッセルは体力を無慈悲に奪い、雪崩・滑落・沢の踏み抜きの危険が常にあります。厳しい言い方ですが、冬季のルートを知っているベテランとの同行なしには「二ノ滝の氷柱」を見ることはできないと思ってください。
 コロナ禍前までは氷柱見学のツアーを行っていましたが、そのトレースをあてにして安易に入山される方が後を絶たず、安全を最優先するためにツアー催行を取りやめました。ツアー再開の予定はいまのところありません。

南高ヒュッテ
鳳来山(ほうらいさん)

 酒田市八幡の湯ノ台地区。上り口は5台分程度の駐車スペースがある登山口(猛禽類保護センターの少し手前)。登り始めはブナ林の急登で本格的な雪山気分が味わえます。ベテランとの同行をお勧めします。初心者や初級者は鳥海高原家族旅行村周辺がお勧め。帰りに湯の台温泉鳥海山荘で冷えた体を温めれば極楽ですね。

 

観音森(かんのんもり)
 山形・秋田の県境にある観音森(標高685m)が冬に人気という情報を入手しました。アクセスは、秋田県にかほ市観音森集落から。山形県側の遊佐町から見ると、鳥海山の西側稜線にポコンと見えるなだらかな三角形の山。夏道はないので積雪期限定のフィールドです。

 お手軽フールド

吉出山周辺(よしでやま)

 

 

 しらい自然館の先、万助道の登山口「一ノ坂」周辺のエリア。林道歩きの先に落葉した明るい雑木林がありちょっとした探検気分が味わえます。ウサギなど野生動物の足跡が多数あるので、飽きずに初心者のみでも安心して楽しめます。半日程度からお弁当をもって一日たっぷりまで、のんびり楽しめるエリアです。なお、採石場は私有地で立入禁止となっています(急斜面あり)。路肩駐車になるので、道路をふさがないように配慮をお願いいたします。