1. 鳥海山登山 最新情報

  2. 登山者の皆様へ

  3. 登山コース・山小屋案内

  4. 登山ガイドのお申込み

  5. 鳥海山お得タクシーパック

  6. 鳥海山乗合タクシー

  7. 山岳公衆トイレ

  8. 山麓トレッキング

  9. 熊出没情報

  10. 緊急時の連絡先・防災情報

  11. スノーシューハイク

  12. バックカントリースキー・スノーボード

  1. 鳥海ブルーライン

  2. 中山河川公園

    桜の名所(中山河川公園)

  3. 遊佐のまつり

  4. 湧水(丸池様・牛渡川・胴腹滝)

  5. 十六羅漢岩

  6. 山麓トレッキング(高瀬峡、一ノ滝・二ノ滝)

  7. 西浜コテージ・キャンプ場

  8. 海水浴場

  9. 命をつなぐ 鮭の遡上

  10. 鳥海山大物忌神社

  11. 旧青山本邸

  12. 芭蕉が歩いた道(三崎公園)

  1. 産直

  2. 特産品・おみやげ

  3. 地酒

  1. 遊佐の味

  2. 話題のお店

  3. 割烹・会議・宴会

  1. お宿

  2. 日帰り温泉

  1. 中山河川公園

    2022年開催中止【4月】中山河川公園桜まつり

  2. 【2022年4月28日】鳥海ブルーライン開通・春山開き

  3. 2022年開催中止【毎年5月3日】鳥海山大物忌神社蕨岡口之宮例大祭(大御幣祭)

  4. 【毎年5月4日・5日】鳥海山大物忌神社吹浦口之宮例大祭(花笠舞)

  5. 【毎年5月15日】諏訪部祭(遊佐四大祭)

  6. 2022年開催延期【6月】鳥海ブルーライン登山マラソン大会

  7. 【毎年7月1日】鳥海山夏山開き

  8. 【毎年7月14日】鳥海山御浜出神事(火合わせ)

  9. 【2022年7月15日】海水浴場開き・キャンプ場開設式

  10. 【2022年7月15日~8月15日】十六羅漢岩ライトアップ

  11. 【毎年7月16日】戴邦碑祭(たいほうひさい 遊佐四大祭)

  12. 【2022年7月30日】十六羅漢まつり

  1. 鳥海山お得タクシーパック

  2. ゆざツアー・鳥海山登山ツアー

  3. 宿泊・お食事手数料キャッシュバックプラン

  4. 教育旅行・合宿交通費用助成

  5. 宿泊・チケット手配

  6. 遊佐駅のご利用案内

川から海へ、そしてまた生まれた故郷へ

箕輪鮭採捕場
枡川鮭採捕場

鮭は約4年もの間、北洋で大回遊しながら成長し、生まれ育ったふるさとの川に戻り、産卵し一生を終えます。
しかし自然界では卵が土砂等に埋もれたり、他の魚に食べられてしまうなど、稚魚に育つまでに相当数が減ってしまいます。
たくさんの鮭が遡上する遊佐町では、親鮭から人工的に採卵し、ふ化管理して稚魚を育て放流する「人工ふ化事業」が行われています。

 

遊佐町を流れる月光川水系は古くから鮭が遡上する川でした。江戸時代に荘内藩主が年々減少する鮭を憂い、牛渡川、滝淵川を鮭の種川(自然産卵を保護する川)に定めました。明治9年に欧米式の人工ふ化法が日本に導入されると山形県でもその技術が取り入れられ、遊佐町では「庄内式」と呼ばれる独自の技術をあみだし、人工ふ化事業が進められてきました。
昭和50年代に漁具等の進歩により鮭の遡上数が著しく減少、月光川水系の7河川(月光川、牛渡川、滝淵川、洗沢川、高瀬川、西通川、万部通川)にあったふ化場は、現在、箕輪(牛渡川)、枡川(滝淵川)、高瀬川、洗沢川の4箇所となりました。
技術の向上や環境保全など、長年の努力により、元気な稚魚を育て親鮭となって帰ってくる鮭の命を繋いでいます。

遡上シーズンは9月下旬~1月上旬まで、このなかでも特に2つのピークがあります。
 前期群:10月中旬~11月上旬
 後期群:11月下旬~12月中旬

鮭の採捕の様子は見学できます。期間は10月~12月、各採捕場とも午前8時~主に午前中に採捕作業を行います。
見学は無料で、鮭は購入できます。

見学可能な採捕場
採捕場 電話番号
箕輪(みのわ)  ホームページはこちら 0234-77-2575
枡川(ますかわ) ホームページはこちら 0234-77-2083
高瀬川(たかせがわ) 0234-72-2237

問合せ 遊佐鳥海観光協会 電話:0234-72-5666

 

庄内で鮭は「ヨオ」と呼ばれ、その語源は「魚(ウオ)」が転じたものと言われています。つまり魚の代表、古くからここに暮らす人々は食糧としてその恵みを受けてきたと考えられます。
頭から内臓まで捨てるところ無く食べられる鮭。焼き鮭やどんがら汁などにしていただいたり、味噌粕漬け、昆布巻き、鮭とば、寒風干しなど加工品も販売され、美味しく食べ継がれています。

「メジカ」のふるさと月光川
北海道オホーツク海沿岸で、産卵の約25~35日前に捕獲されたサケを「メジカ」と言います。成熟前のため通常のサケに比べて目と鼻先の間隔が短く、背中は青く、体側は銀色に輝き、脂肪分が多く美味であることから、秋サケの中では最高の評価を受けています。
このメジカは、北海道でふ化・放流してもメジカにならないことから、北海道稚内水産試験場が母川を調査したところ、本州日本海側の河川と判明し、月光川もメジカの主要な生まれ故郷と確認されました。

毎年10月中旬には「鮭のつかみどり大会」が、遊佐町月光川沿いでサン・スポーツランド北側の河川敷公園内特設水路で開催されます。県内外からたくさんの親子連れで賑わいます。