1. 鳥海山登山 最新情報

  2. 登山者の皆様へ

  3. 登山コース・山小屋案内

  4. 登山ガイドのお申込み

  5. 鳥海山お得タクシーパック

  6. 鳥海山乗合タクシー

  7. 山岳公衆トイレ

  8. 熊出没情報

  9. 緊急時の連絡先・防災情報

  10. バックカントリースキー・スノーボード

  11. 山麓トレッキング

  1. 鳥海ブルーライン

  2. 中山河川公園

    桜の名所(中山河川公園)

  3. 遊佐のまつり

  4. 湧水(丸池様・牛渡川・胴腹滝)

  5. 十六羅漢岩

  6. 山麓トレッキング(高瀬峡、一ノ滝・二ノ滝)

  7. 西浜コテージ・キャンプ場

  8. 海水浴場

  9. 命をつなぐ 鮭の遡上

  10. 鳥海山大物忌神社

  11. 旧青山本邸

  12. 芭蕉が歩いた道(三崎公園)

  1. 産直

  2. 特産品・おみやげ

  3. 地酒

  1. 遊佐の味

  2. 話題のお店

  3. 割烹・会議・宴会

  1. お宿

  2. 日帰り温泉

  1. 中山河川公園

    2022年開催中止【4月】中山河川公園桜まつり

  2. 【2022年4月28日】鳥海ブルーライン開通・春山開き

  3. 2022年開催中止【毎年5月3日】鳥海山大物忌神社蕨岡口之宮例大祭(大御幣祭)

  4. 【毎年5月4日・5日】鳥海山大物忌神社吹浦口之宮例大祭(花笠舞)

  5. 【毎年5月15日】諏訪部祭(遊佐四大祭)

  6. 2022年開催延期【6月】鳥海ブルーライン登山マラソン大会

  7. 【毎年7月1日】鳥海山夏山開き

  8. 【毎年7月14日】鳥海山御浜出神事(火合わせ)

  9. 【2022年7月15日】海水浴場開き・キャンプ場開設式

  10. 【2022年7月15日~8月15日】十六羅漢岩ライトアップ

  11. 【毎年7月16日】戴邦碑祭(たいほうひさい 遊佐四大祭)

  12. 【2022年7月30日】十六羅漢まつり

  1. 鳥海山お得タクシーパック

  2. ゆざツアー・鳥海山登山ツアー

  3. 宿泊・お食事手数料キャッシュバックプラン

  4. 教育旅行・合宿交通費用助成

  5. 宿泊・チケット手配

日本百名山・国定公園・国指定史跡  鳥海山

ハクサンイチゲ咲く頃

日本海に面し山形県と秋田県の県境にある鳥海山。標高2,236mの独立峰で、四季折々にその表情を変えます。
とりわけ6月下旬~8月中旬は高山植物が登山者を魅了します。
鳥海山への登山をお楽しみいただくためには、自然の理解と安全の備えが不可欠です。
下記を参考にしていただき、無理のない登山計画と適切な装備で鳥海山を満喫しましょう。
夏期は鉾立・大平・二ノ滝・湯ノ台の各登山口に登山届け記入所が設置されます。万が一の場合に備え必ず登山届けを提出しましょう。
登山届けはこちらで提出することもできます。(山形県山岳情報ポータルサイトにリンクします) 

1.鳥海山の主な登山コース

  • 象潟口(鉾立)コース 【きさかた(ほこだて)】
    山岳観光道路鳥海ブルーラインを利用します。登山口に売店やお食事処があります。7合目の御浜まで登山道が整備されており、登山初心者や初めて鳥海山に登山される方にお勧めのコース。千蛇谷経由の山頂往復は、休憩時間を入れて11時間程度かかります。
    詳細はこちら
  • 吹浦口(大平)コース 【ふくら(おおだいら)】 
    山岳観光道路鳥海ブルーラインを利用します。もっとも古くからひらけた登山道で、登り始めの急登伝石坂(つたいしざか)を登り切れば、御浜まで快適な登山道が続きます。高山植物を楽しみたい方にお勧めします。 
    千蛇谷経由の山頂往復は、休憩時間を入れて12時間程度かかります。
    詳細はこちら
  • 湯ノ台口コース 【ゆのだい】
    山頂までの距離は最短ですが、急斜面の雪渓など急な坂道が多いコース。残雪が多い分、遅くまで高山植物を楽しむことができます。雪渓の登下降が不安な方は軽アイゼンの携行をお勧めします。休憩時間を入れた山頂往復は約11時間程度かかります。
    詳細はこちら

鳥海山は、体力のある方であれば山頂日帰りが可能ですが過信は禁物
山頂登頂で思いのほか体力を消耗し、下山の際に転んでケガをする登山者が少なくありません。山形県内の山でのこうした事故は鳥海山が最多となっています。どこから登っても山頂までは標高差1,000m以上ですが、登っている途中で体の不調を感じたら無理をせず、場合によっては引き返すなどご自分の体力に合った登山をお楽しみください。

2.装備

鳥海山は海に近く天候も変わりやすいので、季節を問わず万が一に備えた適切な装備が必要です。

  • ザック、登山靴、帽子、手袋、ヘッドランプ、行動食
  • 登山地図:初めての方もベテランの方も持参しましょう。
  • 雨具:撥水効果の高いもの。使い捨てのカッパ、ポンチョは不可。
  • 水など:最低2リットル程度。コース・目的地・季節・天候に応じて準備。
  • ストック:登山道保護のため石突きカバーは必ず着用。石突きカバーの予備も持参しましょう。
  • その他:6~8月は虫刺され対策が不可欠です。

3.季節ごとの目安

5月 積雪期の装備が必要。登山道は残雪で出ていません。悪天候時の登山は困難。初心者だけでの登山は不可。晴天時はサングラス必携。
6月 残雪で登山道が寸断され迷いやすい。山頂を目指す場合はアイゼン持参を推奨。初心者だけでの登山は不可。
7月 山小屋の営業開始。高山植物のシーズン。残雪あり。梅雨明け後は水分を通常時より1リットル以上多く持参。
8月 水分を通常時より1リットル以上多く持参。日没が日々早くなるので山頂日帰りはヘッドランプを必ず持参。
9月 山小屋の営業終了。寒さ対策必要。紅葉が山頂部から始まる。下旬は草紅葉。
10月 例年10日前後に初冠雪。冬装備が必要。単独行の遭難事故多い。初心者だけでの登山は不可。

※11月上旬から4月下旬はアクセス道路冬期閉鎖

4.登山ガイドのご案内

鳥海山を安心して楽しんでいただくために、登山ガイドを斡旋しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

5.美しい鳥海山を守るため

  • 休憩は登山道上や登山道脇の岩などを利用し、植生の保護にご協力をお願いいたします。
  • 写真撮影は、登山道上からマナーを守ってお願いいたします。高山植物が咲き乱れる様を写真に撮りたいのはみな同じですが、登山道を外れて草地に踏み入って写真を撮る方が少なくありません。そうした写真がSNSにアップされていると心が痛みます。
  • ゴミはお持ち帰りください。
  • 山中での宿泊は山小屋をご利用ください。キャンプは禁止されています。

6.日帰り温泉等のご紹介

登山後に汗を流したい方はこちらをご覧ください。

鳥海山は「ちょうかいざん」と「ちょうかいさん」、どちらが正しい?

どちらも正解です。山形県側では「ちょうかいざん」、秋田県側は「ちょうかいさん」と呼ぶのが一般的です。
秋田県の方は、「山形は訛って(なまって)るからな」とよく言いいます。(文字では発音が伝わらないのが残念。)
遊佐町に口ノ宮がある鳥海山大物忌神社の祝詞(のりと)は「ちょうかいざん」と発音しています。
鳥海山周辺に暮らす人々は昔も今も寛容性を大切にし、山形は「ざん」、秋田は「さん」と、それぞれの言い方を尊重しています。

鳥海山の山頂は「新山(しんざん)」といいます

新山の登降路

新山のてっぺん

鳥海山では山頂のことを新山(しんざん)と言います。1801年の噴火でできた直径約300m、高さ約70mの溶岩ドームです。
山頂御室小屋前の広場から新山のてっぺん(標高2236m)へは、手足を使う登降で往復1時間程度かかります。てっぺんは狭いので登頂の健闘を称えあいつつ譲り合って過ごしましょう。
鳥海山・飛島ジオパーク(新山溶岩ドームと火山弾)