ホーム > 観る・十六羅漢岩

十六羅漢岩

~ 未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選(水産庁選定) ~

 吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って、1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工しました。
 16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢の両菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体。これだけの規模で岩礁に刻まれているのは日本海側ではここだけといわれ、歴史的にも貴重な資源です。
 眺望台には歌碑や句碑がありすばらしい夕日や飛島が望まれる名所です。
 毎年7月下旬には、十六羅漢まつりが開催され十六羅漢岩の前で海上安全祈願式典が行われます。
 また、この時期にあわせて夜間はライトアップが行われます。

十六羅漢岩パンフレット

■ 歌碑・句碑のご紹介

住 所 山形県飽海郡遊佐町吹浦字西楯
T E L 0234-77-3330
※お問い合せは「サンセット十六羅漢」まで
料 金 見学無料
交 通 ・JR…羽越本線「吹浦駅」から車で5分
・車 …山形自動車道「酒田みなとIC」から、国道7号線秋田方面へ20分
出羽二見

十六羅漢岩の南側磯場にある出羽二見は、自然が造り出した芸術的景観で、対をなすその姿から夫婦岩とも呼ばれています。両岸に掛けられたしめ縄の真ん中に夕日が見えたらいい事があるかも…。

▲このページのTOPへ