ホーム > 観る・旧青山本邸

旧青山本邸

【国指定重要文化財】

 旧青山本邸には、漁業で成功をおさめた青山留吉の生涯や当時の青山家の繁栄を物語る多くの文化遺産を展示しています。
 遊佐町の本邸と同時期に、北海道小樽にも別荘(旧青山別邸)が造られました。床や柱は欅の春慶塗り、漆くい壁、神代杉の巾広天井、うぐいす張りの廊下、端から端まで継ぎ目のない一本物の長押し(なげし)。紫檀、黒檀、タガヤサン、杉、つげを使った書院造の床の間。ふすまの引き手は七宝焼(当時は宝石と同価値)。
 欄間は、竹、紫檀、黒檀に彫刻が施されてあり、建物の三方に庭があり松と石を組み合わせた趣深い枯山水の中庭など数えあげるときりがありません。日本画の絵師たちが競って描いたふすま絵、書も見事なものです。

住 所 山形県飽海郡遊佐町比子字青塚155番地
T E L 0234-75-3145
開館時間 午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入 館 料 <個人>一般 400円 大学・高校生 300円 小・中学生 200円
<団体>一般 350円 大学・高校生 250円 小・中学生 150円
休 館 日 月曜日(その日が休日にあたる場合は翌日)
12月29日~1月3日
交 通 ・JR…羽越本線遊佐駅から車で15分
・車…山形自動車道酒田みなとICから国道7号線秋田方面へ15分
・バス…町営バス【酒田遊佐線】青塚口下車、徒歩1分
←もうひとつの青山邸(北海道小樽)
【旧青山本邸のおひなさま展示】

 旧青山本邸では2月下旬~4月上旬(予定)、旧青山家に伝わる古今雛や、町内に古くから伝わるお雛さまなどを集め展示いたします。母屋の佇まいと合わせてお楽しみください。

▲このページのTOPへ